◆◆◆ 書き込みが不適当であると判断した場合、 コメントを削除する事があります。◆◆◆

東京北西支部掲示板

名前
件名
メッセージ
メールアドレス
URL
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

2017年9月9日(土)上野強化クラスについて - 城山 直昌

2017/09/10 (Sun) 09:34:04
*.bbtec.net

<メニュー>(参加8名)
(型:平安1~5、安三、撃塞小)
・3分間走
・キックマット:1分30秒×4
(入り方、距離、反応により変化をつける)
・スパーリング:1分30秒×多数
・腕立100
・型:平安4、5(一部分解)

2017年9月2日(土)上野強化クラスについて - 城山 直昌

2017/09/03 (Sun) 16:43:45
*.bbtec.net

<メニュー>(参加14名)
・3分間走
(チーム分け)
①タックフルジャンプセット+サンドバック蹴りこみ
⇒ギャロップ+サンドバック打ち込み:10往復
②①のオールギャロップ⇒手押し車サンドバック打ち込み:10往復
③①のギャロップをオール手押車(一部+ミット蹴りセット:5往復
④スクワット⇒③:3往復
・キックマット:1分×3
・スパーリング:1分30秒~2分:多数
・北陸メンバー(亮、魁、土屋):
1分30秒~3分2分2分
・スパーリング:1分多数
・6種3分サーキット×1

本日は北陸大会参戦万バーがそろって参加したこともあり、ガンダムとスパーリングを中心に進めました。

ギャッロップやフルジャンプの動きの中からサンドバックに打ち込む際は「全身の動きを打撃に乗せる事」を意識してください。またバックの表面ではなく突き抜いた先をイメージして打点を突き抜いて下さい。

試合が近いので細かな動きはナイショですが、ヒジや組手の中で行われる動きや距離のはぐらかし方、上体を揺らしながら一気に詰める動作等々、サンドバックを実際の相手に見立てて何度も打ち込むことで全身で感覚を掴んで参りましょう。

キックマットは腰の開きが出来ているメンバーや軸の安定してきたメンバーを例に伝えましたが、「効き足だと思っている足でできるのに反対の足ではできない」と思い勝ちです。少し前にも話しましたがこれは「利き足は浮かせて使うのに慣れていて、軸として身体を支えるのに慣れていない」というだけの事です。

なので壁をつかって利き足で支える補助をすれば左右使えるようになります。
また足先の動きに意識が行きがちですが、軌道の途中で「ヒザを正中線から5センチシフト」すると蹴り足は勝手に打点まで飛んでいきます。

実際にやってもらった通りなので是非反復練習してください。打点(狙いどころ)を見なくても蹴れるようになるので、相手にも分かりにくく、組手でオモシロイ場面が見られるようになりますよ!!

スパーリングはそれこそ試合が近いので詳細はナイショです。痛めたところはしっかりとケアしてください。

ところで、個別にも稽古の締めでも話しましたが、試合中心の稽古ではあっても極力(というか最優先で)道場の一般稽古に参加してください。
これには大きく2つの理由があります。
(理由その1)
「試合ではお互いにマイペースで出来ない場面が多い」
自主トレやミット中心の稽古ではラップをとったりウェイトで負荷をかけたりと通常の稽古では無い色んな負荷を掛けて行えるので、一見「よりキツイ稽古」が出来ている感覚になります。ですが、本当に一番キツイ負荷は「自分のペースで出来ない事」なんです。

ジャンピング1000回も自分でやったら35分で終わるけれど人に言われてやるともっと時間はかかるし心理的にキツイですよね。それと同じです。
つまりは最もキツイ「自分のペースで出来ない負荷」を掛けていないので、多少負荷を掛けていたとしても自主トレは結果的に「楽な稽古」なんです。
(自分も含めてですが)教わる以上の稽古を行えるレベルはまだまだ先ですよ!!

(理由その2)
「知っている事しか出来ないので、技術的な向上や未経験の動きから得られる神経伝達系の開発、柔軟かつ俊敏な判断力や対応力の開発ができない」

組手では不確定要素が殆どです。消耗の激しい打撃戦
でしっかり対応していく為には何よりも未体験の動きに多く接する中で身体能力・技術、判断力、対応力をトータルでレベルアップする事が不可欠です。この要素が道場稽古の中には溢れています。

以上2点からも「空手で強くなりたかったら道場に行く」が最短距離だとわかります。是非優先順位を上げて取り組んで参りましょう!!

押忍

(参加)
城山、亮、魁、土屋、竹内、優奈、健人、孝美、早弥桔、吉政、照理、昊大、晃平、コウヨシタ、




2017年8月26日(土)上野強化クラスについて - 城山 直昌

2017/08/27 (Sun) 15:09:52
*.bbtec.net

<強化クラス>(参加13名)
メニュー
・3分間走
(チーム分け)
①タックフルジャンプセット+サンドバック蹴りこみ
⇒ギャロップ+サンドバック打ち込み:10往復
②①ギャロップカット:10往復
③②のオール手押車:5往復
・キックマット(相手の指示に即反応):1分×3
・6種3分サーキット:×2(一部+晃平3)
・スパーリング:1分~1分30秒多数
・一部試合形式ガンダム:1分30秒⇒3分2分2分
(居残りメンバー魁・健人)
・ランジ(魁は15Kバック使用)前後左右2分
+シザージャンプ30秒セット×3
・型:突きの型

本日は非常に蒸し暑く、汗の引かない日でしたが、夏季休暇の帰省等から戻ってきたメンバーのいて「せっかくなので」と開始早々から飛ばしました。(なにがせっかくなのか分かりませんが・・・)

タックフルジャンプ、ギャロップセットは一部試合の近いメンバー以外がギャロップをカット致しました。
打ち込み蹴りこみの際はそこまで動かした来た全身の動きを打撃に乗せる意識で行って下さい。
何度も反復していますが、「打撃のタイミング」に「重心を落とすタイミング」をリンクさせると打撃力がアップします。
ギャッロップは肩に負担が大きいので痛めている場合は他のメニューでカバーする等、柔軟に強化して参りましょう。

キックマットは持ち手の指示への反応速度を上げていく事で、組手での状況判断力や動きへの反映を速める効果を狙って行いましたが、流石に速いですね。
状況やレベルに応じて今後は高さや軌道の変化も加えます。二人いればできますので自主トレでもしっかり取り組んでください。

6種3分サーキットは一般部メンバーを除く中で良く動けているメンバーに前でやってもらいましたが、2セットが終わったところで一部メンバーを残して下がらせましたが、その中で晃平だけは下がったところで3セット目をやりだしたので前に出て入ってもらいました。

「やる気」と言うのは行動になってはじめて顕在化するものだと思います。晃平は強化クラスに参加する様になってまだ日も浅いですし、とても技術云々を言う段階ではありませんが、キツイ場面で一歩前に出る気持ちの強さを持っています。他のメンバーも今日の晃平の姿勢を是非見習って下さい。晃平ありがとう!!

スパーリングは都度ポイントを伝えました。工夫と試行錯誤を重ねてレベルアップして参りましょう!!

稽古が終わってから、残っていた魁と建人で追加メニューを行いました。キツイメニューの後でしたが姿勢も安定しており良かったと思います。続いて行った型は反復すればきっと身につきますので、続けて稽古しておいてください。

今回は我流のお母さんからハーゲンダッツの差し入れを頂戴し、稽古のあと美味しく頂きました。お心遣いありがとうございました。

押忍

(参加)城山、竜輝、魁、優奈、孝美、健人、我流、
早弥桔、吉政、照理、昊大、晃平、コウヨシタ

2017年8月19日(土)上野幼・少年部・強化クラス稽古について - 城山 直昌

2017/08/20 (Sun) 13:53:25
*.bbtec.net

<幼年部>(参加6名 内体験1名)
メニュー
・基本
・対面補強
(腕立10⇒ジャンピング10⇒バービー10)×3
・移動:前屈立ち、組手立ち各種
・キックマット:対面で交互の左右号令に反応して蹴る
 オレンジ帯1分×2 白帯他30秒×3~4

幼年部は体験済の2年生セリヤと体験1回目の5歳ヨシユキの2名が参加しました。

基本稽古を分解しつつ進めましたが、入門間もないメンバーはまず見様見真似で身体を動かすことを心掛けて下さい。現代の日常生活には無い、不慣れな動きしかありませんので焦る必要は全くありませんよ!!

対面補強はオレンジ帯の2人は流石でしたが、悠槻が力をつけてきました。大きな号令と動きの良さが目立ちました。この調子で地力をつけて参りましょう!!

キックマットは今回左右の掛け声に反応しつつ行いました。目、耳からの情報を素早く身体の動きに反映させる神経を発達させるのに効果的です。
幼少年部では特に神経系の発達期ですので、最初は反応できませんが、数回反復するだけてすぐに順応してきます。この時期、重いウェイト等を使う必要はありませんので、色んな動きを行う中で神経伝達系の機能を上げて参りましょう!!

体験初参加メンバーのお父さんには見学して頂きました。これからが楽しみです!!

<少年部>(参加4名)
メニュー
(開始前:型稽古)
・型:太極1~3、平安1~3
・キックマット:対面で交互の左右号令に反応して蹴る
 相手を変えつつ1分×9
・蹲踞押し合い:1位は康幸でした
・手押し車⇒ターンダッシュ⇒クモ歩きセット

少年部は開始前の型稽古から始めました。
夏休み真っ最中で少人数であった事もあり、型を集中的に行いました。日頃からしっかり反復していると身についてきます。道場では日頃の練習でついた癖等を修正できますので、自主トレを大切にして参りましょう。
お話しした通りイメージトレーニングでもいつでもどこでも出来ますよ!!

キックマットは最初は戸惑っていましたが、流石に順応は速かったです。相手を変えるとテンポ等が変わりますが2セット3セットと繰り返すとすぐに反応速度が上がりました。2人いればできますので是非これからも続けて参りましょう

蹲踞での押し合いは勝ち抜き戦で行いましたが、康幸の足腰の強さが際立っていました。温樹も善戦しましたが惜しかったですね。次回また頑張りましょう!!

<強化クラス>(参加11名)
(開始前チューブトレーニング)
・5分間走
(チーム分け)
①タックフルジャンプセット+サンドバック蹴りこみ
⇒ギャロップ+サンドバック打ち込み:10往復
②①の蹴りこみ、打ち込みカット、ギャロップを前半5往復、後半5往復は手押車:10往復
③②の前半ギャロップをカットしオール手押車:7往復
④円陣スクワット
・スパーリング:1分30秒×多数
(一部サンドバックラッシュ1分30秒×5)
・キックミット蹴りこみ左右各1~10~1

強化クラスは開始前のチューブトレーニングから入りましたが、ドリームを経たうえでの課題や今後のレベルアップに向けた取り組みを強化しています。

5分間走りの後、状況に応じてチーム分けしました。このタックフルジャンプにギャロップを入れたメニューで目指すところは「全身の動きを連動させる事で最高出力を連続発揮出来る状態にする」です。

交代で行う為、インタバルが生じますが、状況をみつつミットやガンダムと併せてギアアップして参ります。

動きの中での蹴りこみ、打ち込みはガードの上からでも効かせられる位の意識でしっかりと行ってください。
キツイ場面ですがここで雑になってしまうと打撃戦の厳しい局面でそのまま出てしまいます。
実戦を思い出して、是非意識を高く持って取り組んで下さい!!

スパーリングは多数行い、各自ポイントを伝えました。
大分地力がついてきており、多くのラウンドを行っても動きがスムーズになってきましたので、各自ポイントを意識してレベルアップして参りましょう。

本日は昊大、晃平、照理のご父兄から差し入れを頂き、稽古の後みんなで頂きました。御気遣いありがとうございました。

押忍
(参加)城山、竜輝、魁、孝美、優奈、早弥桔、吉政
我流、昊大、照理、晃平

ドリームお疲れ様でした! 土屋

2017/08/07 (Mon) 17:14:50
*.bbtec.net

ワンマッチながら全国新人戦で優勝することができました。
皆さまからの応援や稽古でのご指導のおかげと感謝の思いです。
とりわけ、7月に入り急激にピッチの上がった師範稽古と佐伯道場主催の合同稽古会の2つが大きく力となり、優勝に導いて頂いたなと有り難く感じています。
ありがとうございました。

今回は1分と試合時間が短かかったのですが、対戦している途中でこれは勝ってるなと感じ安全パイ(突きラッシュとひざ)でこのままいこうと思ってしまい、技ありをとりにいくのをやめてしまいました。
やっぱり最後の1秒まで諦めず、狙いにいくべきだったなというのが反省です。
稽古の中で反復して無意識にワザを出せるようにしていきたいです。

動画を見返して、もっとできるようになりたいことも見えたので、このまま全北陸に向けて作り込んでいきたいと思います。

押忍


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.