◆◆◆ 書き込みが不適当であると判断した場合、 コメントを削除する事があります。◆◆◆

東京北西支部掲示板

名前
件名
メッセージ
メールアドレス
URL
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

第10回東京東錬成大会について2 - 城山 直昌

2019/03/10 (Sun) 23:47:24
*.bbtec.net

(SC小6)
我流選手:準決勝敗退
一回戦は開始早々左上段廻蹴りで技有をとり、終始圧倒。
準決勝ではガードしながらも尻餅をついてしまい技有をとられてしまいました。結果としてはこの通りなのですが、2試合とも優勢でも劣勢でも油断したり諦めたりすろ所が見られず、冷静な試合運びが出来ていたと思います。

第10回東京東錬成大会について - 城山 直昌

2019/02/11 (Mon) 14:18:03
*.bbtec.net

2019年2月10日(日)
BunB東京スポーツ文化館にて第10回東京東支部錬成大会が開催され、東京北西支部からは23名の選手がエントリー致しました。

入賞者は出ませんでしたが、各自出来たこと出来なかった事を整理して、今後に活かしていく事がとても大切です。結果に一喜一憂する事なくしっかりと自身に向き合ってレベルアップして参りましょう!!

会場が分散しており全部の試合を直接応援出来ませんでしたが、結果は概ね下記の通りです。他にもうちの道場からセコンドについてくださっていた方々がいますので、ぜひ生の声(アドバイス)を大切にしてください!

<記>
(SC小3上級)
・古川選手:緒戦合わせ一本負
開始早々の上段廻し・上段横蹴りの2発でしたが、最初の一発を警戒して正面からの2発目をもらってしまいました。あの手の選手は蹴り足を下した瞬間に間合いを詰めてヒザを入れる、上げた蹴り足を受けたまま軸足を刈る等が有効です。背景も含めて「景色」として相手を見る事と意識してレベルアップしましょう。

・ユヒョン:緒戦敗退
セコンド付けず申し訳ございません。

・理央:緒戦敗退
本戦終了間際に右上段廻しをもらってしまいましたが、お話した通りです。相手の動きを冷静に視る動きは出来ていますので、一歩踏み込んで間合いを詰める思い切りがつくと楽しみです。

(SC小2軽量級)
・白土:緒戦敗退本戦0-0、延長0-2
いい突きをもっています。脇が開くとせっかくの突きが顔に流れるので、脇に物を挟んで突きの練習をすると無意識にボディに打ち込めます。工夫して参りましょう。

・和陽:緒戦本戦3-0優勢勝ち
    2回戦敗退本戦1-0、延長3-0
左の前蹴り、廻し蹴りが上手く使い分けられています。右をもっと使うには左足で立つ稽古が有効で、左足でのケンケン⇔静止立を5秒~10秒起きに交互で1分繰り返す等を日々反復すると効果的ですよ!
2回戦の延長は出会いがしらにもらっていますのでお話した通りです。今後に活かして参りましょう!

(SC小4初級)
・乃栄:緒戦不戦勝、2回戦敗退
・輝真:緒戦敗退
セコンドに付けず申し訳ございません。

(SC小4上級)
・有馬:緒戦敗退
上段廻しでの技有以外はいい動きでしたが、お話した通りです。欲を言えば強い下段があるのでそれも使えるといいですね。

・照理:緒戦2-0優勢勝、2回戦敗退0-2
緒戦、2回戦共にいい動きでよく相手の動きが見えていました。2回戦も体格差のある相手でしたが基礎体力がついてきており力負けしてなかったです。相手下段の有効打数で僅差で負けましたが、照理にもいい下段があるのでもっと使っていくと楽しみです。

・彪之助:緒戦敗退
左右上段廻しをもらってしまいましたが、相手を周りの景色の一部と一緒に見る習慣をつけると変化に気付きやすいですよ。

(SC小2重)
・尊吾:緒戦敗退
セコンドに付けづ申し訳ございません。

(シニア30軽量)
・市川選手:一回戦勝、決勝戦敗退
・綿引選手:緒戦敗退
セコンドに付けず申し訳ございません。

(シニア30重量級)
・進藤選手:一回戦勝、決勝戦敗退
セコンドに付けず申し訳ございません。

(一般上級軽量級)
・嶺:緒戦敗退
お話した通りです。

(一般上級重量級)
・藤倉選手:緒戦敗退
非常に冷静な試合運びで、本戦、延長と進めましたが欲を下がってさそった時のボディへのヒザとか左の内股とかを使えるともっと面白くなるとおもいますし、一発も欲しいですね(私と道場でスパーする時は使わないでください)。足の甲お大事に!!

・魁:緒戦敗退
お話した通りです。

(中一軽量級)
・晃平:動画で拝見させていただきました。
晃平!約束した通りです!!

(シニア40初級)
・佐藤選手:緒戦敗退
みんなの事を考えて準備くださり
ありがとうございます!
・佐々木選手:お大事にしてください。

(シニア40上級)
・渡邊選手:緒戦敗退
セコンドに付けず申し訳ございません。

(女子セーフティ)
・夏都美:緒戦敗退
セコンドに付けず申し訳ございません。

(小3初級重量級)
・成益:緒戦敗退
お話した通りです。離れた時に回りを広く見る事を意識して参りましょう。

渡邊二段、後田初段、賀上初段、厚海初段ほか沢山のみなさんや、ご両親、ご家族のみなさんが応援に駆けつけて下さり本当にありがとうございます!!

選手のみなさん!試合場に立つのは一人ですが、決して一人で試合には臨めません。
出来たこと、出来なかったことや課題は各自が一番感じている事と思います。チャンスを頂いたことに感謝して、師範や先輩方から頂いたアドバイスを加えてしっかりと向き合ってこれからに活かして参りましょう!!
本当にお疲れ様でした。

押忍

2019年1月19日上野強化クラスについて - 城山 直昌

2019/01/20 (Sun) 11:14:51
*.bbtec.net

<強化クラス>(参加12名)
メニュー
・3分間走
・移動ストレッチ
・ヒザ蹴り移動
・フルジャンプ:2~5往復+α
 (一部途中からランジに変更)
・手押し車+腕立:2~5往復+α
 (一部はオールギャロップジャンプ)
(チーム分け)
①(サンドバック⇒バービー⇒インタバル)各1分×5
②(ビッグミット⇔バービー)各30秒×3
③ビッグミット1分×2~5(②チームが各1セット)
・スパーリング
・6種3分サーキット

本日は2月10日の東京東大会の参加者が多く、初参加メンバーも加わり熱い稽古となりました。

移動ストレッチは背中や腰回りの感覚が大分染みついてきた感じがしましたが、やはり直後のヒザ移動に現れて来ました。上段ヒザ蹴りは上体を反らせるのではなく、極端に言えば上体を丸める位の方がスムーズに蹴り抜けます。

自分の顎に無理なくヒット出来るようになれば、(ここからが本題です)ヒットの瞬間に太ももの内側(内転筋)を意識したコントロールて打点を抜く感覚を掴んで参りましょう。
力んで太ももの前面に力が入ってしまうと、ヒザが伸びませんので、「打点でのコントロールは内ももを使う」感覚で行います。
最近の試合では接近戦での速い打ち合いが多くなっていますので有効に使って参りましょう。直前でもありますので余り書きたくないのですが、慣れていない相手は反応出来ないでしょうからアッサリ書いてしまいますと、
仕掛けはこんな感じです
(横からの上段ヒザ)
・横ヒジからのボディヒザ・横ヒジ⇒反対の腕での上げヒジを使っていくと相手のガードを中央に集めやすい
(真下からの上段ヒザ)
・左右横ヒジがつかえますよ!
これらは内外に相手をコントロールする基本的な動きの一つですが、間合いに変化を加えるとイロイロ面白くなりますし、そこから先は本人次第でもっと面白くなります!楽しみです!!

基礎体力はだいぶ付いてきましたがまだまだです。自主トレで必ずレベルアップに努めてください。見えないところでの稽古がとても大切ですよ!!

チーム分けで行った中でサンドバックにオールダブルのメニューを加えました。やったらわかりますが、本当に動きにくいです。でも組手では思い通りに打ち続けられる場面なんてめったにありませんよね。同じです。
なのであえて何セットかそういう場面をつくってから
フリーで打つと「解き放たれ感」があり一気に動けます。
体力的にある程度追い込んだ中で変化を付けないと実感しにくいですが、是非自主トレでも取り入れてみて下さい。尚、オールトリプルでやると確実に足が止まりますのでダブルが丁度いいのではないかと思います。

本日は上野少年部からユヒョンが、明大前から山口乃栄が初参加しました。慣れない動きも多い中よく動けていました。日頃の道場稽古が大切ですのでしっかりと稽古を重ねて、じっくりと地力をつけて参りましょう!!

また、我流選手から台湾のお土産を差入れて頂き、稽古後にみんなで美味しく頂きました!ありがとうございます!

なかなか難しいのですが、出来るだけ毎月1回は開催したいと思っておりますので、次回もご連絡致します。
今年も「きっつい稽古を明るく楽しく」をモットーにみんなで盛り上がって参りましょう!!

押忍

(参加者)
城山、後田、夏美、魁、嶺、正太郎、龍、凛久、我流、
佐藤、ユヒョン、乃栄

2018年11月24日昇段審査会について - 城山 直昌

2018/11/26 (Mon) 10:58:54
*.bbtec.net

<昇段審査結果>
受審者:関谷1級 厚海1級
結果 :両名共に初段合格!!

本日は東京城南川崎支部から入来師範にご臨席いただき、
木浪師範との両審査員のもと昇段審査会が開催されました。
入来師範による開催のご挨拶から、緊張感に溢れた中で基本、移動、型、補強と進んで参りました。
最後の10人組手は直前までの各審査で疲労のピークを迎える中で行われ熱い審査の締めくくりにふさわしい組手となりました。
両名とも完遂し、両師範による審議の結果、「昇段」を掴み取りました。

こうして書いてしまうと淡々とした記載になってしまいますが、両名とも入門以来、関谷初段17年、厚海初段10年の弛まぬ稽古の賜物です。

才能豊かで体格のも恵まれて短期間で昇段してしまうごく少ないケースはありますが、大半の昇段者は長い年月の中、色んな事情があり稽古を続けられなくなってしまう方々も沢山いる中で、日々の優先順位にやり繰りを付けて「結局いつも道場稽古に参加している」生活を続けて来た人ばかりです。

東京北西支部のみなさん、是非身近のこうした先輩を見習って次に続いて参りましょう!!

関谷初段、厚海初段!(もちろんわたしも含めてです)
入来師範、木浪師範が共通してお話された「ここからが本当の稽古」を旨にこれからも頑張って参りましょう!

本日は渡邉弐段も参加されていましたが、梅島幼少年部稽古の為、審査会終了後指導に戻って行きました。「来週の審査を受ける子達がいるので」とサラッと言っていましたが、こういう熱意を自分も持ち続けて行きたいと改めて思いました。ありがとうございます。

また、本日は厚海初段の奥様からお寿司や手作りおでん等沢山の差入れを頂きました。お心遣い本当にありがとうございます。

ところで、審査当日はなんと厚海初段の誕生日でした!
奥様からこっそりとサプライズでケーキを頂き、厚海初段がデレデレに照れていました!(道場ラインに載せましたがご希望があれば共有致しましょう!!)

素晴らしい昇段審査会、みなさんお疲れさまでした!!

押忍



第35回東北大会 - 木浪

2018/11/12 (Mon) 10:27:47
*.panda-world.ne.jp

11月4日(日) 福島で開催された 35回を数える歴史あるこの大会に
高橋二朗一級がシニアの部に挑みました。
一年を通して 稽古や試合で得て来たことを どこまで試合にだせるかを
課題に挑みました。結果は一回戦で 惜しくも敗れましたが、本人も課題としていた
突きの出し方に変化が現れていました。突きから蹴りへの繋ぎが もう少し出せるよう
次の課題も解り、まだまだ伸びしろはあることが発見出来ました。

福島の地に 単身乗り込み 試合に挑んだ高橋一級
大変お疲れ様でした。

更なる飛躍に期待します。

押忍


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.