◆◆◆ 書き込みが不適当であると判断した場合、 コメントを削除する事があります。◆◆◆

東京北西支部掲示板

名前
件名
メッセージ
メールアドレス
URL
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

第35回東北大会 - 木浪

2018/11/12 (Mon) 10:27:47
*.panda-world.ne.jp

11月4日(日) 福島で開催された 35回を数える歴史あるこの大会に
高橋二朗一級がシニアの部に挑みました。
一年を通して 稽古や試合で得て来たことを どこまで試合にだせるかを
課題に挑みました。結果は一回戦で 惜しくも敗れましたが、本人も課題としていた
突きの出し方に変化が現れていました。突きから蹴りへの繋ぎが もう少し出せるよう
次の課題も解り、まだまだ伸びしろはあることが発見出来ました。

福島の地に 単身乗り込み 試合に挑んだ高橋一級
大変お疲れ様でした。

更なる飛躍に期待します。

押忍

2018年9月15日上野幼・少年部・強化クラスについて - 城山 直昌

2018/09/16 (Sun) 12:37:25
*.bbtec.net

<幼年部>(参加12名)
メニュー
・基本
・移動
・補強:(腕立⇒ジャンピング⇒交互腹筋⇒バービー
     各10)×2
(チーム分け)
青帯以上:交互キックマット30秒×2
⇒プラス移動1分×1
オレンジ帯以下:キックマット1分×2
⇒プラス手元のみの動き1分×1
・グリップ&バランス勝抜き

幼年部は白帯を色帯の先輩で挟んだ配列で基本からはいりました。入門間もないメンバーでも先輩に挟まれると緊張感を保ちやすく。集中した稽古が出来ました。

移動稽古では少年部まで連続参加するメンバーもいたので基本動作として見直しを行いました。

余り細かなトコロをやりすぎると息を詰めて動いてしまうなど本末転倒になりますが、組手にも直結する大切な重心移動を反覆できる稽古なので、幼年部メンバーにも(小学生以上位なら)早い段階で意味を伝えるのも有かと思います。日頃の稽古でしっかり反復して下さい。

色帯メンバーのキックマットは大分慣れてきました。
ただ動きを大きくするとまだまだですので、例えば稽古の前後でも相手に持ってもらうなど工夫して反復しましょう。

グリップ&バランスは片足立で握手して手を押したり引いたりしながら相手のバランスを崩していくメニューですが、勝抜きで時光・昊大が残り接戦の末昊大が勝ち
正太郎への挑戦権を獲得しました。
この後正太郎が本気で勝ってしまうところが「いかにも正太郎らしく」笑いになりましたが、この稽古は「前屈立ち移動時の前足」に落とした重心を自覚的に体感するのに効果的です。
「利き足」だと思っている足(体全体)を「軸になって支えている足」を左右共々自覚して重心移動をコントロールして参りましょう。

<少年部>(参加12名)
メニュー
・基本
・補強
・型:太極1・3、平安1~5
(平安4は黄帯以上、5は茶帯のみ)
・グリップ&バランス勝抜き

少年部は幼年部が終わってから少年部開始までの間、
正太郎が「鬼ごっこと補強セットミックス」で盛り上げてくれました。
稽古の中でも似たような遊びの要素を入れたりしますが、汗だくになりながら正太郎が盛り上げている姿と以前強化クラス前に友貴選手がやってくれていた姿が重なりました。正太郎ありがとう!!

少年部の基本稽古はペースアップして飛ばしました。
都度気になった点を修正しましたが、中でも関節蹴りでの打点や素早い戻しは重点的に反復致しました。

関節蹴りは文字通りヒザ関節を狙う蹴りですが、みなさん一様に打点が高く大腿部を蹴ってしまっています。

高さの目安はヒザ頭の上2センチ位です。また、基本稽古では身体の開きと蹴り込み姿勢を体感する為横向きに蹴りますが、組手で使うには相手の前足ヒザに向かって
蹴るので、(崩して後ろから蹴って座りこませたりもしますが)蹴り足を素早く戻さないと逆に足を取られてしまいます。
裏拳打ちの時と同様素早い戻しをしっかりと意識して取り組みましょう。

補強セットは流石に少年部で、良く動けていました。
道場以外でも出来ますので、是非日常的に行って下さい。

型は白帯メンバーを色帯先輩で囲む配列で行いました。
太極1から伝えたとおり動作を覚える段階の入門間もない白帯メンバーはともかく、上中級の色帯メンバーは足だけ腕だけではなく身体全体の動きを意識して下さい。

左前屈立ち下段払いには払いに先行して右腕で金的をガードする動作がはいります。これは動作としては金的ガードと説明するのですが、払い手である左腕と先行する右腕を交差させると胸が閉じて背中が拡がります。
この拡げられた背中が戻ろうとする大きな力を使って払うのが前屈立ち下段払いの身体運用です。
基盤となる前屈立ちが安定しないと話にならないのですが、小手先の動作に終始せず、反復練習する中で身体の使い方を感覚的に掴んで参りましょう。

グリップ&バランスでは幸大と温樹が熱戦となり3本勝負で温樹が正太郎への挑戦権を獲得しました。
ここでも容赦なく正太郎が勝ってしまいました(大笑)
重心移動を自覚的に身に付けるよう是非継続してください。

<強化クラス>(参加7名)
メニュー
・円陣ストレッチ
・5分間走
・交互キックマット:1分×4
 ⇒+移動:1分×4
(チーム分け)
①サンドバック:突き⇒オール⇒インタバル
各30秒×10セット
②バービー⇒ビッグミット⇒インタバル
各30秒×10セット
③ビッグミット:1分30秒×3
・スパーリング:多数
・キックミット連打:左右各1~10~1本
 (少年部は左右各1~10本)

強化クラスは先日の明大前に続き渡邊初段や小松龍選手も参加して行いました。

移動ストレッチからのキックマットは移動も併せておこないましたがインパクトも振切り姿勢も安定してきました。なので今回はガードを縫って顎や米かみを狙う蹴り方等、外からや真下からの軌道の変化を交えて行いました。
実演した通りです。力任せに同じ軌道で蹴っても積み上げた体力を消耗するだけですので、状況に柔軟に対応出来る様、イロイロ変えつつ反復して参りましょう。

サンドバックやミットはチーム分けで行いましたが、一般部メンバーには伝えた通りです。突きの握りや軸足への重心移動を使った下段等工夫すると「似たような動き」や「一見同じに見える動き」でも全く効き方や威力が変わります。
やってすぐ使える訳ではありませんし、私も試行錯誤を続けて少しづつ感覚的に出来つつある状況です。
工夫すると「まだまだ化けられる」と思っていますのでネタを出し合って、焦らず一緒に取組みましょう!!

締めのミット連打はハードなバック、ミット系メニューからのスパーリング後でしたが良く動けていました。
試合では「動けなくなってからのひと動き」が必要な場面が良くあります。これと似たような場面を稽古の中でどれだけ乗り越えて来ているかが試合場に上がる準備としてとても大切です。諦めない強い気持ちは持って生まれた性格だけによるものではなく、簡単に諦められないような練習や準備を重ねる事で後天的に習性として身に付ける事が出来ます。

ただ、これは「動き」を「考え」や「思索」等に置き換えれば、勉強でも仕事でも色んな場面で日常的にある場面だと思っています。なので、試合に向かうハードは稽古を行う中で、日常生活での大切な心構えを一緒に身に付けて参りましょう!!

押忍

(参加者)城山、渡邊、魁、龍、昊大、照理、晃平

2018年6月2日上野幼・少年部・強化クラスについて - 城山 直昌

2018/06/04 (Mon) 14:21:08
*.bbtec.net

<幼年部>(参加12名+見学1名)
メニュー
(開始前型:太極1,3、平安1,2)
・対面基本
・移動
・型
・6種2分サーキット

<少年部>(参加7名)
メニュー
・基本:分解しつつ多数反復
・補強:腕立10⇒ジャンピング10⇒バービー10
×3セット
・移動
・キックマット
・型:平安1,2、安三
・6種3分サーキット

<強化クラス>(参加9名)
(開始前スパーリング、サンドバック1分×5)
・円陣コンビネーション
・移動
・移動ストレッチ
・キックマット
・スパーリング:1分×20
(一部選手スパー10⇔サンドバック10+α)

(参加者:9名)城山、賀上、静流、高橋、魁、晃多、優奈、晃平、昊大

2018年5月12日上野強化クラスについて - 城山 直昌

2018/05/13 (Sun) 13:34:31
*.bbtec.net

<メニュー>(参加9名)
(開始前型)
・5分間走
・キックマット:2分⇒1分
・タックジャンプ⇒フルジャンプ⇒ギャロップ×5往復
 +おまけ3セット他3チーム分け
・技術練習
 ①下段受返し⇒①+変則内廻し
・スパーリング
 ①突き+下段限定
 ②フリー:多数
・6種3分サーキット

本日はドリームメンバーや6月の審査会を控えた
メンバー中心に熱い稽古となりました。
入門間もないメンバーもいて都度メニューを調整しつつ進めました。

キックマットでは身体の使い方を中心に、視点の置き所
・腰の割(廻し)・ヒザの軌道等都度コマ送りに分解して反復致しました。

後廻しでは前足踵の回転と肩の入れによって背中を引っ張ると蹴り足は勝手に飛んでいきます。あとは打点でのインパクトと蹴り始めの構えにきちんと戻れる様にコントロール出来れば、強烈な武器となりますし、外されてもバランスが崩れません。

これは稽古や試合・指導等の中でも広く当てはまると思っているんですが、一つ一つの動作は各自やりやすい動きがあると思いますのでそれを反復していけばいいと思います。ただ、大まかな動きは是非一度細かく分解しておくと「上手く出来なくなった時」に修正箇所を見つけすくなりますし、日頃からそういう眼で見る習慣をつけておくと人の動きを見るときも特徴やクセ等を見付けやすくなります。是非意識してみてください!

補強メニューはチーム分けしましたが、自主トレでしっかり取り組んでいる様子がうかがわれました。
「基礎体力の向上」は限られた合同稽古の中だとあまり多くの時間が割けません。これから暑い時期を迎えますが是非継続的に取り組んで下さい。

スパーリングではいい動きが沢山出ていました。各自の動きに合わせて都度ポイントを伝えました。
ドリームが近いので詳細はナイショですが、是非仕上げの稽古で反復して武器にして参りましょう!!

ところで、本日は稽古前に静流選手とお母さんが顔を出して下さいました。
静流選手は社会人となって半年ですが一生懸命頑張っているようです。東京北西支部には社会人として活躍している先輩方が沢山いますので何かあったら気軽に相談してください!!

押忍

(参加者)城山、後田、亮、高橋、魁、嶺、晃平、
昊大、望月



2018年4月21日上野強化クラスについて - 城山 直昌

2018/04/22 (Sun) 12:57:40
*.bbtec.net

<メニュー>(参加8名)
(開始前)
・フルジャンプ+ギャロップセット×5往復
(開始)
・5分間走
(チーム分)
(一般部チーム)
・交互キックミット:交互2連打1分×5
          交互1発1分×5
・同上+動きながら:交互1発1分×3
・同上+交互に相手と異なる1発1分×3
(少年部チーム)
・キックミット:1分6
・同上+動きながら:1分×3
チーム①
・(サンドバック1分⇔バービー1分)×5
チーム②
・(ビッグミット1分×2+インタバル1分)×5
チーム③
・(サンドバック1分⇒スパーリング1分)×5
・スパーリング:多数
(一部居残り)

<参加8名>
城山、魁、嶺、孝美、優奈、照理、昊大、晃平


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.