◆◆◆ 書き込みが不適当であると判断した場合、 コメントを削除する事があります。◆◆◆

東京北西支部掲示板

名前
件名
メッセージ
メールアドレス
URL
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

2017年11月4日(土)上野幼・少年部・強化クラスについて - 城山 直昌

2017/11/05 (Sun) 12:45:41
*.bbtec.net

<幼年部>(参加6名)
メニュー
・基本
・補強:3種各10×3(色帯は+1セット)
・クモ歩きセット(色帯は+1セット)
・キックマット:多数
(色帯は移動キックマット)

<少年部>(参加13名)
メニュー
(開始前ミットコンビネーション)
・基本
・補強:3種各50回
・スパーリング:多数

<強化クラス>(参加13名)
メニュー
(開始前サンドバック1分×10+α)
・5分間走
・ミット:ストレート⇒縦の変化
     ストレエート⇒ヒジ等多数反復
・突き+ヒジスパーリング:多数
・フルジャンプギャロップ他:5往復
(一部ノーインタバル)
・居残り組スパーリング

幼年部は体験参加以降初参加のメンバーが参加しました。最初でしたので色帯の真ん中に入ってもらいましたが、基本稽古から日頃の生活では行わない動きばかりですので焦らず続けて参りましょう。

大切なのはまず「見様見真似で動いていく事」と「大きな声を出す事」です。先生や先輩をよく見て、自分で見たまま感じたままに真似をして大まかな動作を身に付けましょう。

補強は色帯メンバーが地力をつけてきました。
数字やセット数に脳と身体が慣れてきた事があると思いますが、幼年部の段階では体重が増加した後もケガをしにくくする為にも「正しい姿勢を保って出来る事」が大切です。対面している目の前の人の顔を見続けて行って下さい。

色帯メンバーには負荷が掛かったと思います。先輩として他のキツそうなメンバーをリードするくらいの気持ちでレベルアップして参りましょう!!

少年部は開始前のミットから入りました。基本稽古から飛ばしましたのでキツメの稽古だったかと思います。

ですが、です。

基本直後の補強でお話しした通りです。
これは今までも気になった場面で何度も繰り返している事ですが、キツイ場面では誰でもキツイんです。
その中で「自分が引っ張っていくんだ!!」という気持ちを持って出来るかが一番大切で、これは勉強でも行事でも将来の仕事でも活きる姿勢・スタンスです。

色帯を巻いていて「キツイ~」「もう無理~」等言語道断です。一生懸命頑張っている白帯メンバーに先輩として示す姿がそれでは話になりません。

今回は特に目立った二人に名指しで伝えましたが、稽古の中でも言った通り、場面が違えば誰にでも当てはまる事です。家で寝ていてもいい時間を道場で頑張ろうとして来たんですから、是非「達成感」を持ち帰って下さい。日頃の稽古を継続する中で小さくても達成感を積み重ねていく人と、なんとなく時間だけ過ぎた感を重ねる人との開きは大きく、何年も経つと考え方にも大きな違いとなって顕れます!!

自分をどうするのかは自分次第ですよ!!

スパーリングでは泣き出してから猛烈に反撃した武夷!
あれでいいんです。冷静さを失うと技術面での向上は難しくなりますが、打たれながらも体格の違う櫻慧に向かっていく気持ちが出たのはこれからに繋がります。

他のメンバーも後半殆どをスパーリングに当てた中、最後までよく頑張りました。審査受審のメンバーは自信をもって臨んで下さい!!

強化クラスは川口選手、友貴選手も参加するなか、いい空気で熱い稽古となりました。

空打ちでのコンビネーションが大分しっくりしてきましたのでミットでの打ち込みで行いました。
稽古の中で何度か繰り返しましたが、ミットだと動きそのものが打点で止まってしまいます。
そこが空打ちとの大きな違いなのですが、各々メリットデメリットがあり、状況に応じて交互に繰り返す事が大切です。

「空打ち」バランスや軌道(振切り)を掴みやすい反面打点でのインパクトを自覚しにくい

「ミット」打点でのインパクトは掴みやすい反面バランスを実感しにくく振切りは出来ない

今回、ミットを重点的に行いましたが、インパクト効かせる為の身体の使い方や対面での入り方等は空打ちとセットで行った方が身に付けやすいです。是非反復練習してください。

突きとヒジのスパーリングでは、日頃から背中の開きや重心の落としとリンクさせたヒジを意識的に反復していないとヒジがスムーズに出ません。突きに突きで応戦するだけでなく、突きの一つの起点である上腕や肩に決定的なダメージを加えれば突きそもののを封じる事が出来ます。
上手くリンクしだしたメンバーも出てきましたので、今後お伝えした通り横隔膜や剣状突起への上げヒジ等も加えて参ります。
試合・組手に直結した使える武器にして参りましょう!!

フルジャンプセットは各自の状況に応じて行いましたが、大分地力がついてきました。自主トレでも出来ますのでこの調子でレベルアップしてください。

居残りメンバーで行ったスパーもいい感じでしたね。
雰囲気を盛り上げてくれている川口選手・友貴選手!
忙しい中参加してくれてありがとう。
これからもよろしくお願いします!!

本日は晃平のお母さんがクッキーの差し入れを下さり、稽古の後、みんなでおいしく頂きました。お気遣いありがとうございます。

また、栄輝が今後テニスで頑張る事になり、挨拶に来てくれました。わんぱくでイキのいい栄輝が離れるのは淋しい気もしますが、頑張り屋の栄輝でなのでこれからも楽しみです!栄輝 頑張れよ!!

押忍

(参加者)城山、川口、友貴、亮、竜輝、魁、早弥桔、
吉政、孝美、優奈、照理、晃平、コウヨシタ




2017年10月21日(土)上野自主トレについて - 城山 魁

2017/10/21 (Sat) 20:24:43
*.bbtec.net

本日の自主トレは土屋さんが試合を控えており、最終確認を含めたトレーニングとなりました。

メニュー
・サンドバック
・フルジャンプ+手押し車
・下がっていく相手に追い込みをかけるためのミット打ち
・スパーリング2分
・要所要所の確認
参加者
土屋さん,渡邊さん,ゆな,魁


皆様練習終わってからの用事があったなかお疲れ様でした。雨が降り続いておりますが、体調を崩さないように頑張っていきましょう。押忍

2017年9月30日(土)上野幼・少年部・強化クラスについて - 城山 直昌

2017/10/01 (Sun) 20:02:07
*.bbtec.net

<幼年部>(参加7名)
メニュー
・基本:各分解コマ送り等
・組手立ちキックミット:前蹴、廻蹴各10×7
(オレンジ帯は+20 青帯は+30)
・クモ歩きセット:白帯1、オレンジ帯2、青帯3
・型:太極1⇒腕立10、ジャンピング10、バービー10
  ⇒太極3⇒腕立10、ジャンピング10、バービー10
  ⇒平安1⇒腕立10、ジャンピング10、バービー10

<少年部>(参加12名)
(開始前ミットコンビネーション)
・基本
・対面補強:(腕立30、ジャンピング30、バービー30)×2+腕立10、ジャンピング10、バービー10
・スパーリング:1分×多数

<強化クラス>(10名)
メニュー
・開始前:型:平安1~5、安三、撃塞小
・5分間走
・ミットコンビネーション
・フルジャンプ+バービー:5往復
・ジャンケンキック:1分×3
・移動キックマット:1分×3
・スパーリング:1分~1分30秒
・亮選手仕上げ:川口ガンダム+スパーリング

幼年部は基本稽古をじっくり行い、二人の青帯と二人のオレンジ帯に負荷を掛けた稽古を進めました。

途中で何度も繰り返しましたが、先輩の取組みを後輩メンバーは必ず見ています。先輩がキツそうな顔をしたりへたばったりすると「これでいいんだ」と言う雰囲気が
広がってしまいます。

今回は基本直後のミット蹴りでそんな雰囲気になりかてたので、ふらついていても敢えて負荷を掛け続けて行いました。

技術的な事や組手の強さだけでなく、先輩がどうして先輩であるのか「自覚」が一番大切です。
稽古の最後に二人の青帯を前に出して、みんなに伝えましたが、キツイ場面はみんながキツイんです。その中で一歩抜け出して大きな声で場を盛り上げていける人になって下さい。
空手だけでなく学校でも将来の仕事でも活きる「大切な心構え」です。青帯二人は途中から白帯の帯の結び直しを手伝っていましたがこれからも自分たちが幼年部を引っ張っていくつもりで頑張って下さい!!
期待しています!!

少年部は開始前に早く来ていたオウエやアキヒロ、栄輝他に突き蹴りのミットコンビネーションを行いました。

パンチングミットへのワンツーから右上段廻しですが、ツーをボディストレートに変化させて相手の意識を下げさせる事と上段廻しはツーを伸ばしたまま振り切る事が大切です。
各自個別に何度も反復しましたが、続く稽古中のスパーリングでオウエが早速使いまくっていました。
オウエはその後ヒザ蹴りのセットも行ったところ黄帯の先輩や強打の壮太とも打ち合い、ポテンシャルの高さが際立っていました。非常に楽しみです。
(みなさん早く道場に来るとイイ事が一杯ありますよ!!)

対面補強は「幼年部がめちゃくちゃ頑張っていたぞ!と発破をかけまくりながら進めましたが、最後まで良く動けていました。稽古の中で何度も繰り返し伝えましたが「自分がこの場を引っ張っていく」「みんなキツソウだから自分が声を出して盛り上げるんだ」と言う気持ちを持って「雰囲気を作れる人」になってください!!

大した事のない場面では誰でも出来ますが、キツイ場面で率先出来てこそ東京北西支部の道場生ですよ!!
身近な先輩をお手本にして頑張って稽古を続ける中で、「大切な心構え」を身に付けて参りましょう!!

稽古の締めで「道場訓!」と言ったところ早弥桔が大きな声で道場訓を言ってくれました。
入門当初道場の入り口で立ちすくんで泣いていた早弥桔が稽古中アキヒロの帯を直していたり、大きな声で道場訓を締めてくれたり出来る人になってきました。

組手では勢いのある男子に押される場面もありますが、「大切な心構え」を緑帯の自信と共に自覚してキツイ場面で率先して動いている姿を本当に頼もしく、嬉しく思い、稽古の最後に私の隣に座ってもらいみんなにつたえました。
早弥桔!!本当にありがとう!!これからも頑張りましょう!!

強化クラスは2週間後に全日本を控えた亮選手の仕上げに東京北西支部木波師範の一番弟子である川口選手が参加してくれました。

稽古の詳細はナイショですが、稽古の最後に亮選手に決意表明をしてもらいました!!さあ出陣です!!
みなさん応援よろしくお願いいたします!!

押忍

(参加)城山、川口、亮、竜輝、優奈、早弥桔、吉政、昊大、照理、コウヨシタ





全北陸を振り返って♪ - 土屋

2017/09/26 (Tue) 00:35:37
*.spmode.ne.jp

全北陸皆さまお疲れ様でした。
出場しての振り返りを投稿します。

女子フルコンで年齢別の階級がある唯一の大会が全北陸とのことで、35歳以上の部にエントリーしました。
今回もまたワンマッチで、一試合に集中して臨みました。
今回は体調が良くなかったので、それなりの戦い方をと考え、将棋でいう「穴熊」的なイメージでいきました。
ガードを固くして、相手の攻撃の隙に乗じてこちらの攻めを組み立てていく感じです。

上手くいったかはわかりませんが、突きや下段、前蹴り、膝、後ろ蹴りなどが入っていたそうなので、意図したことは出来たかなと思います。
相手の方の攻撃も隙なくラッシュをかけて来られていたので、攻撃を返すタイミングが難しかったなと思いました。
ドリームの時は、私が押しているなと試合中に感じましたが、今回はそれほどではなく、私の攻撃も単発的にヒットしてはいるものの押してるまでてはないかなと感じていたので、これは延長かな、と自分でも覚悟していました。
本戦が終わって判定になり、右前方におられた木浪師範の判定が「引き分け」だったので、やっぱり、と延長戦に気持ちを切り替えようとしていたら、主審の方のコールが「引き分け1」から入り「赤1、2、3、4、赤!」と続き、試合が終わってしまいました。

ドリームの時は試合時間が1分だったので、最初からラッシュして最後の30秒さらにラッシュ、という戦い方でしたが、今回はそれに比べると手数が少なかったかもしれません。
自分ではあまり試合中のことを覚えてないのですが、初めて後ろ蹴りが出せた(らしい)ことが良かったかなと思います。
2本目だそうとした時に、肝心の蹴りを出し忘れて単にくるっと回っただけだったのはちょっと恥ずかしかったですが…。

これまでは、最初からとにかくラッシュという戦い方でしたが、そうではないやり方もあるんだとわかったことも良かったかなと思います。

当日の応援に事前の練習協力に、すべての皆さまありがとうございました♪
とりわけ、叶わなかったものの全北陸での対戦を引き受けてくださったお茶の水の砂川師範、そして2人の間をお膳立てくださり、かつ昨年12月の初フルコン試合から全関東、今回まで、初級な私でも試合に臨めるようスタミナ・技など1年の稽古を通して仕込んでくださった木浪師範に、大きな感謝です。

押忍

Re: 全北陸を振り返って♪ - 城山 直昌

2017/10/01 (Sun) 09:08:52
*.bbtec.net

押忍、北陸大会お疲れ様でした!

遠征試合でキッチリと結果を出してくるだけでなく、試合前後にも、現地支部の選手との交流を深めたりと道場を盛り上げて頂きありがとうございます。

今後の試合もあるので詳細は掲示しませんが、試合の前にお伝えした事以外にもイロイロあります!!
「スピードのある相手を左右に逃がさず圧力を効かせていく動き」や「パワーのある相手の裏取]等々、プラスしてレベルアップし参りましょう!!これからも楽しみですね!!

押忍

2017年9月23日(土)上野強化クラスについて - 城山 直昌

2017/09/24 (Sun) 18:53:31
*.bbtec.net

<強化クラス>(参加なんと私込みで4名)
メニュー
・ミット:左下段廻⇒右上段廻、
     左下段廻⇒右ボディストレート
・クモ歩きセット:(各4種1往復)×3
         昊大、照理は×4
・キックマット:1分×6
・マットディフェンス:各自1分×3
・フルジャンプ+スクワット蹴セット:5往復
・型:平安1~3
・スパーリング:1分×10
・ミット蹴り込み:左右各1~10~1

本日はなんと強化クラスに来て間もない3人だけの参加でした。ちょうど右半身に偏った攻撃面とディフェンス面の修正・レベルアップが共通の課題である3人が揃ったので、ほぼノーインタバルで次々とメニューに取組みました。

開始早々のミットは各自個別に行い、3~4往復目で大分しっかと打ち込めるようになりました。

しっかり体重とスピードが乗った打撃ですと打点でしっかり握らないと手首を痛めてしまいますが、伝えた通りです。突けないならヒジを使う等柔軟に対応していけばトーナメントでも故障した中勝ちあがっていく事に繋がります。稽古の中で「簡単に諦めない気持ち」を涵養して参りましょう!!

ディフェンス強化ではキックマットを使って集中的に「防御」に徹してもらいました。各自順番に組手で良く見られる動きを行い、各方向から飛んでくるマットを受けたり捌いたりしましたが、やはり基本的なディフェンス技術は不可欠です。
このクラスに参加しているメンバーは試合経験もあり、道場での稽古でもある程度安定してきたメンバーですが、基本的なディフェンスが「無意識な反応」として動きに反映されなければ多くのスパーリングを行う中やはりダメージが蓄積してしまいます。

稽古の中でも実演した通り、各自の癖で同じ所に何度もマットが当たりましたよね。自分の弱点と理解して反復修正してください。
基本的な所が反復修正できれば、そこからが本当の意味で組手に活きるディフェンスの工夫です。対面でマットを振っていた私が気付く「穴」は試合経験豊富なメンバーを相手であれば必ず見抜かれてしまいますよ。
同じ所を守るにも動き方を変えて守る等変化をつけて動きを読ませないようレベルアップを目指して下さい。

型は次回12月の審査会合格を目指して行いました。
練習すればするだけきっちりと動きに反映しますので、是非反復練習しておいてください!!

スパーリングは体力、打撃力に勝る晃平を中心に昊大、照理が向かっていく形で多数行いました。
体力的にキツイ場面でしたが、締めのミット蹴り込みと合わせて伝えた通りです。
今回は途中で「無理」と言う声が何度が出て、その度にキツメの発破をかけました。
日頃の強化クラスだと他の先輩がガンガン飛ばす中で意識しなくても頑張れますが、今回はこの3人しかいません。自分たちで頑張らなくてはいけない状況で弱音が出る様では近い将来「先輩」となってキツイ場面で他のメンバーを引っ張っていく事は出来ません。
空手だけに留まらず、学校での勉強や行事、将来の仕事でも何にでも当てはまる大切な「心構え」で、この事を自覚するのに年齢が早すぎるなんてことは全くありません。

通常稽古の無い「祝日」に敢えて強化クラスに参加したのですから、是非この「心構え」を持ち帰って欲しくてキツイ声を飛ばし続けました。最後までやり切れて良かったです。3人ともよく頑張りました。お疲れさま!!

押忍

(参加)城山、晃平、照理、昊大


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.